幅広い視野とスピード感を持って、
キリングループのデジタルシフトをアシスト!

営業システム第1グループ

野田 純平さん

文系 2007年入社

担当業務のご紹介

営業システム第1グループに所属しており、キリングループのIT・システム部門を担当します。主な仕事内容は、営業領域のシステム開発です。さまざまなシステムが乱立してきたなかで、システムをスリム化することを目的としています。

居酒屋でお酒を飲むお客さんの「笑顔」が入社のきっかけに

キリングループを受けようと思ったきっかけは、学生時代に居酒屋でアルバイトをしていたことにあります。お酒を飲んでいるお客さん全員が、笑顔で楽しそうにお酒を飲んでいる姿がありました。私自身もお酒は好きだったので、その姿を見たときに「将来はお酒に関わる仕事がしたい」と思うようになりました。大学時代は経営学部でしたが、文系出身でも活躍できる環境が整っているということを知り、キリンビジネスシステム(以下:KBS)への入社を決めました。

入社後は、まずキリングループ社の販売管理システムの開発に携わり、システム開発の難しさや人と人のコミュニケーションの大切さを学ぶことができました。その後、キリンビールの市場リサーチ室に5年間出向し、経営判断のためのお客様のインサイト発掘のための市場動向分析やマーケティング、統計学などを学びました。現在は、KBSへ復帰し、キリンビールやメルシャン、キリンビバレッジの営業担当が使用するシステムの統合に向けた横断的なプロジェクトに参画しています。

「先々を見据えた思考力」を身につけるには

これまでの経験で特に印象に残っているのは、事業会社への出向を希望し、実際にキリンビールへ出向したことです。所属したチームでは、経営判断に必要となる情報を調査・分析して報告資料を作成していました。

マーケティング寄りの業務だったので、マーケティングや統計学を一から勉強し直し、まるで転職したような気持ちになっていたのを今でも覚えています。また、それまでよりも業務のスピードが早く、メンバーの行動力やモチベーションの高さに最初の頃は圧倒されました。

しかし、こうした環境が私にはとても刺激になり、スピード感を持ったタスク管理や、緊張感を持って業務を進める姿勢を身につけることができました。また、周囲を巻き込みながら業務を円滑に進めるためのコミュニケーションや、先を見据えて物事を考えるための先見性などを学べたことは、自分の成長につながったと思いますね。

現在でも仕事をするときに最も大切にしているのは、常に先を見据えて物事を考えるようにすることです。それには過去とじっくり向き合いつつも、直近で何が起きるのか、そして近い将来に何が必要になるのかなど、自分なりに考察する癖をつける必要があります。そのような日常業務にプラスして必要となるスキルの習得については、KBS社内または外部のセミナーや研修を自由に受講できるようになっています。私もこのような研修制度などを積極的に利用することによって少しずつ「先々を見据えた思考力」が養われてきました。

挑戦しやすい環境が、スムーズな業務進行のモチベーションを生み出す

KBSのビジョンに共感する部分は、常に新しいことに挑戦しやすい環境作りに全員が取り組んでいる点です。そのような環境なので、自分の意見を尊重してもらえることが多く、それがモチベーションにも繋がっています。また、私と周囲ともに環境や市場の変化には敏感で、情報収集を欠かせませんし、その情報をチームや個々の仕事にもすぐに役立てるスピード感を持っています。とにかく今の時代は、情報の更新速度が非常に速くなってきていますので、常に緊張感を持って正確な情報を見極めて、決められた時間内に結果を残すことが重要です。そのように私たちが全力で取り組んでいる仕事を通じて、少しでも多くのお客様に笑顔をもたらせる行動を意識して、日々邁進していきたいです。

フレックスや在宅勤務を利用して仕事にメリハリをつける

残業がある場合は、退社が遅くなることもありますが。フレックス制度を利用して次の日は少し遅めに出社するなど上手く調整ができる仕組みが整っています。また、家庭の事情や通院などで早く退社、もしくは遅く出社したいときなどにもフレックス制度によって希望通りの調整ができ、いつもメリハリを持って仕事に臨めています。

実は先日怪我をして数日出社できなかったのですが、在宅勤務制度を利用することで、家にいながら普段通り仕事ができました。
また、打ち合わせがない日や資料作成に没頭したい時などにも在宅勤務を利用しています。

上司や先輩方との接しやすさが一番の魅力

時代がアナログからデジタルへとシフトしていくなかで、キリングループのIT部門を担うKBSへの期待が寄せられています。そうしたなかで、新しい大規模なプロジェクトを通して、こうした期待に応えていけることはKBSで働く魅力だと思っています。キリンビールやメルシャン、キリンビバレッジの方々と一緒に仕事をする機会も多く、キリングループを支える立場としてやりがいをもって仕事に取り組んでいます。
また、上司や先輩方との距離がとても近く、社内に相談しやすい環境が整っているのはとても魅力的で心強く感じています。お酒が好きな方も多く、仕事終わりに誘い合って居酒屋で軽く一杯は、とても楽しいひと時ですし、世の中に私たちキリングループのサービスが浸透していることを実感できる大事な時間でもあります。

所属部署

営業システム統轄部

SCM(販売情報)などに関する事業情報化計画を推進

トップへ戻る