社長メッセージ

代表取締役社長

近藤 俊之

社会人になるということ

「社会人になる」ということは、皆さんにとって大きな選択です。
就職活動とは、自分が何をしたいかという漠然としたテーマを徐々に具体化することであり、はっきりとした結論に至る前に就職を決断することだと思います。

でも、その過程で悩み、考えることが、皆さんの将来にとって、とても貴重な時間になるのです。
キリングループは、お客様本位・品質本位の姿勢に基づき、「食と健康の新たなよろこび」を広げて、人と社会の絆を深めていきたいと考え、「よろこびがつなぐ世界へ」をコーポレートスローガンとしています。
そして、私たちキリンビジネスシステムは、グループ唯一のITのプロフェッショナル会社として事業を支え、牽引していきます。

当社にとっての財産は人であり、私たちは以下のような仲間と一緒に働きたいと思っています。
興味を持たれた方は、ぜひ私たちに会いに来てください。

◇キリングループ製品が好き、キリングループの発展に貢献したいという人
◇ITに興味を持ち、積極的に学び成長しようとする意欲を持っている人
◇環境の変化に対応し、根気強く、最後までやり抜くことができる人
◇自分で考え、集団の中で主張し、周囲を巻き込んでいくことができる人

大切にしていること

社会人になると、いろいろな困難に直面します。その時に拠り所となるのは、「自分はなぜ働いているのか?」、「自分の強みは何で、どうなりたいのか?」といった軸だと思います。これらは人によって千差万別です。

私たちキリンビジネスシステムには、「ITのプロフェッショナル」という強みと「キリングループと共に、社会課題の解決やお客様への価値創造に挑戦する」、「キリングループ製品をより多くのお客様に楽しんでいただく」という共通の想いがあります。

そして、私たちは「キリン×ITで社会、お客様、働く仲間のよろこびを創造する企業になります」という経営ビジョンの実現を目指して社員全員で取り組んでいます。

ここ2~3年のICT(*1)の発達は目覚ましく、新たにDX(*2) の推進やAI(*3)、IoT(*4)などの先端技術を活用した事業への適用など、グループからの期待も高まってきています。社会の流れを感じ、自分で考え、周囲と話し合いながら案をブラッシュアップし、粘り強くやり遂げ、その結果お客様がキリングループ製品を楽しんでくださることも大きなよろこびです。

もちろん、仕事だけでは人生は味気ないものになってしまいます。社員の皆さんには、プライベートも充実させ、オンとオフを使い分けられる社会人生活を送って欲しいと思います。当社では、社員の自主的な活動も盛んです。例えば、有志で毎年駅伝大会を開催しており、多くの社員が参加し、心地よい汗と、終了後のおいしいビールを楽しんでいます。こういった文化はこれからも大切にしていきます。

当社を舞台に、ともに成長

みなさんそれぞれが自分の人生の主人公です。当社を舞台にみなさんの可能性を広げ、一緒に成長し、
キリングループへの貢献、ひいてはみなさんの幸せやよろこびにつなげていきたいと思います。

キリングループ製品、ITに興味のあるチャレンジ心に富んだ方々をお待ちしています。一緒に成長して行きましょう。

*1:Information and Communication Technology
*2:Digital Transformation
*3:Artificial Intelligence
*4:Internet of Things

トップへ戻る